照明器具交換続き

交換前の照明

画像


照明器具を外したところ
器具は前回交換したものと全く同じもの

画像


今回は丸型引掛シーリングを取り付けた

画像


取り付けるアダプタは松下製もNEC製も同じようなものが付属していた
引掛シーリングにアダプタを取り付けたら、器具をはめるだけ

画像


カバーを取り付けて完了

画像


NEC製は丸型のスリム形蛍光ランプだったが、松下製では100形ツインパルック蛍光灯が使用されている。
NEC製は3灯で計114W
松下製はツイン管91W
消費電力だけでみるとNEC製の方が明るいように思うのだが、実際に取り付けて比べると松下製の方がかなり明るく感じる。

もし、同じ価格帯で販売していたならぜひ松下製を選ぶべきだ。
特に今は、NationalブランドからPanasonicブランドに移行中のため、旧ブランド名の商品を値引き販売していることが多くお買い得です。
明るさもリモコンで調整できるのもいい。
今までの照明でも明るさは十分だったのだが、年寄りには暗く感じるらしく
「もっと明るいものがいい」
というので交換してみたが正解だった。
店頭のポスターにも説明があったが、どうやら年寄りには同じ明るさでもかなり暗く感じているようだ。

照明の交換は以上で終了です。
なお、配線がじか付けで、引掛シーリングなどを取り付ける場合には電気工事士の資格を持っているか電気工事屋さんに依頼してください。
はじめから引掛シーリングがついている場合にはご自身で取り付けてもかまいません。
ただし、足場はしっかりとした台を使用すること。
誰かに器具を渡してもらうなどして、安全に作業してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック