テレビケーブルの配線

我が家は築30年以上たっており、増築した部屋の配線はまだ新しいのでテレビの映りも良いのだが、古いままの建物部分の部屋ではテレビの映りが悪い。
配線のどこが悪いかは調べようが無い。
仕方がないので映りの良い配線にTVブースターをつなぎ、そこから各部屋に追加配線をした。
それぞれの部屋にはドアが有るため、コードが平たくなっているものを購入して配線した。

まずは襖の部屋
画像


柱の平らのコード部分は付属の両面テープで貼り付ける。

続いて、ドアの部屋
画像


画像


襖より取り付け場所に工夫が必要だった。
ドアを開け閉めしてもコードが傷つかない場所を選んで配線する。

見た目にはあまり良くないのだが、壁に穴を開けるよりは楽に配線できる。
これでほぼ全室のテレビが綺麗に映るようになった。

この隙間用のテレビコードは、接続する同軸ケーブルを加工して直に配線するタイプと、同軸ケーブルの先に既に取り付けてあるコネクタをそのまま差し込むだけのものがある。

同軸ケーブルの加工に自信のない方は、コネクタを差し込むだけのタイプを使ってください。
これで年末年始のテレビを綺麗な映像で楽しめる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック